【海南市】和歌山県立自然博物館の見所とアクセス・料金・駐車場

和歌山県海南市にある、「和歌山県立自然博物館」

実は、ここは密かに人気のスポットなんです。

 

人気の理由は以下になります。

  • 混雑していなので、のんびりと楽しめる
  • フラットなフロアなので移動しやすい
  • 子供とシルバー世代は無料

 

個人的には、ちょっとした「気分転換に最適な場所」だと思ってます。

アクアリウムって、心がやすらぎますもんね。

さらには、雨の日でも快適に巡れるのも嬉しいですね。

 

今回は、和歌山県立自然博物館の「館内地図・見所・アクセス・料金・駐車場」をシンプルに解説しますね。

それでは最初に、「和歌山県立自然博物館の館内地図」から確認していきましょう!

 

まさじろ
まさじろ

和歌山県の出身で在住の「まさじろ」が、この記事を書いています。和歌山県立自然博物館には、軽く20回以上来てるので、安心して読みすすめて下さいね!

 

【まさじろ・保有資格など】

  • インターネット旅行情報士検定2級
  • 和歌山歴史物語スタンプラリー100・完全踏破

 

和歌山県立自然博物館の館内地図

和歌山県立自然博物館の館内は以下のエリアに分かれています。

  • 第1展示室:アクアリウム
  • 第2展示室:博物館

 

ざっくりした流れは、「入口→第1展示室→第2展示室」になりますね。

で和歌山県立自然博物館はこじんまりとしてるので、巡りやすいのも特徴です。

 

みか坊
みか坊

それでは、実際に和歌山県立自然博物館を巡っていきましょう!

 

チケット購入

上記写真が、和歌山県立自然博物館の入口になります。

右手にカウンターがあるので、チケットを購入しましょう。

 

入口

入口をはいった直後の風景が、上記写真になります。

右手奥が「アクアリウム(第1展示室)」になってるので、そちらに進んで下さい。

 

亀さんがお出迎え

入口を進むと、「ワニガメとカミツキガメ」が迎えてくれます。

遥か古代から存在するような佇まいが、いい感じです。

 

アクアリウム(第1展示室)

第1展示室では、綺麗なお魚がお出迎えしてくれます。

色とりどりの魚たちが美しいですよね。

 

黒潮の海

黒潮の海は、一枚ガラスで作られた「幅15メートルの大水槽」になります。

こちらが、和歌山県立自然博物館の最大の見所ですね。

 

ベンチ・ソファーで眺める

私は、ここで「ぼ~っとする」のが大好きです。

魚たちが、ゆうゆうと泳いでるのを見てるだけでも心が癒やされますよ。

 

ベンチやソファーがあるので、ゆっくりと眺めることができるんですよね。

黒潮の海を満喫したら、次は「沿岸の生き物コーナー」に行きましょう!

 

みか坊
みか坊

沿岸の生き物コーナーでは、「和歌山の沿岸にすむ生き物」を展示しています。

 

ミズクラゲ

沿岸の生き物コーナーで、イチオシなのが「ミズクラゲ」になりますね。

光の加減で、クラゲが神秘的な美しさを見せるからですね。

 

色とりどり

沿岸の生き物コーナーの、もう1つの見所がこちらになりますね。

全体的に美しいので、ついつい見入ってしまいます。

 

手で見る魚の国・魚と棲み家

手で見る魚の国

沿岸の生き物コーナーを進むと、右側に「手で見る魚の国コーナー」があります。

ここでは魚の模型にふれて、細部を確認することができます。

 

左側は、「魚と棲み家コーナー」になります。

魚と棲み家コーナーの見所はこんな感じになります。

 

アオウミガメ

さきほどの亀さんは少々怖そうでしたが、こちらのアオウミガメは可愛い感じですよ。

 

タイの群れ

クロダイ・マダイなどの、タイが集まる水槽ですね。

魚の密度が高い水槽なので、見ごたえたがありますよ。

 

コバンザメ

コバンザメも、けっこう可愛いですよ。

 

まさじろ
まさじろ

手で見る魚の国・魚と棲み家を過ぎたら、次は「潮間帯・休憩所」になります。

 

潮間帯・休憩所

潮間帯

潮間帯は、潮の満ち引きが観察できるコーナーになります。

さらには、生きてる魚を直接さわることも可能です。

 

魚とのふれあい体験

こういう体験って、「子供の記憶」に残るもんなんですよね。

ですので、おすすめですよ!

 

注意点

魚とのふれあい体験での注意点は以下になります。

  • 中に入らない!
  • 生き物を投げない!
  • 生き物は水の中へ戻す!

 

休憩室

潮間帯の向かい側には休憩室があります。

窓が大きいので、大パノラマで外の景色を楽しむことができます。

 

まさじろ
まさじろ

和歌山の有名観光地である、「マリーナシティへの橋」なんかも見れちゃいますよ!

 

いろいろな生物

いろいろな生物コーナーでは、魚以外の「ウニ・エビ・イソギンチャクなど」を楽しむことができます。

いろいろな生物コーナーの特徴は、小さな水槽が並んでることですね。

 

いろいろな生物コーナー:右側

いろいろな生物コーナーの右側はこんな感じになります。

 

いろいろな生物コーナー:左側

いろいろな生物コーナーの左側はこんな感じになります。

拡大鏡があるので、じっくり観察することが可能です。

 

アリゲーターガー

いろいろな生物コーナーに見所の1つに、「アリゲーターガー」がありますね。

本来は、日本にはいない外来魚なんだそうですよ。

 

桜色の水槽

私が、いろいろな生物コーナーでイチバン好きなのが「桜色の水槽」になります。

桜吹雪を思い出して、素敵な気分になれるんです。

 

博物館(第2展示室)

上記写真を右折すると、「博物館(第2展示室)」です。

道なりに進んで行きましょう。

 

和歌山の川

第2展示室に入ると、「川の上流から下流までの模型」が出迎えてくれます。

 

和歌山の池

川の次は、「池の自然」になります。

和歌山県内には自然にできた池も多いんですが、人工的に作られた「ため池」も多いんですよ。

 

和歌山の森

こちらは、那智の原始林をジオラマで再現しています。

和歌山県は、「面積の約80%が山地」なんですよね。

 

ですので、自然が多いのが特徴の県なんです。

みか坊
みか坊

特に、熊野古道が世界的に注目されてますよ!

 

和歌山の昆虫

そんな自然の多い和歌山には、色んな昆虫が生きています。

その昆虫の標本がこちらに展示しています。

 

昆虫が好きな方には、かなり楽しいコーナーだと思いますよ。

 

和歌山の自然

和歌山県の貝

和歌山の貝を展示しています。

 

和歌山の鉱山と鉱物

和歌山の鉱山と鉱物を展示しています。

 

和歌山の岩石

和歌山の岩石を展示しています。

こうやってみると、石にも色々あるんですよね。

 

和歌山にも恐竜がいた

遥か大昔、和歌山にも恐竜がいたそうなんです。

ですので、化石が発掘されていますよ。

 

アンモナイトの化石

アンモナイトの化石に触れられるコーナーですね。

お疲れ様でした、こちらが最後になりますよ!

 

和歌山県立自然博物館への車でのアクセスと駐車場

和歌山県立自然博物館への車でのアクセスは、以下のICがおすすめです。

  • 海南IC
  • 海南東IC

 

大阪方面から来る方は、海南IC・海南東ICのどちらを使っても大丈夫です。

 

ただし、紀南から来る方は、海南ICの一択になります。

海南東ICは、紀南方面からは降りることができないからです。

 

無料駐車場

和歌山県立自然博物館の入口付近に、「駐車場への案内看板」があります。

上記写真の奥に進んで下さい。

こちらが、無料駐車場になります。

まさじろ
まさじろ

駐車台数も多いので、駐車場に関しては何の心配もいりませんよ!

 

基本情報・入場料金・開館時間

和歌山県立自然博物館の基本情報

和歌山県立自然博物館の基本情報は以下になります。

※入場料・営業時間は、記事更新時の情報になります。

 

和歌山県立自然博物館の入場料金

和歌山県立自然博物館の入場料金は以下になります。

  • 大人   :480円
  • 高校生以下:無料

※65歳以上の方は無料

 

和歌山県立自然博物館の開館時間

  • 開館時間:9:30〜17:00
  • 休館日 :月曜日(祝日・振替休日の場合は次の平日)・年末年始(12/29~1/3)

 

コメント

カテゴリー