春分(二十四節気)の意味とは?2022年はいつ頃も解説するよ!

春分の日が近づいてくると「そろそろお墓参りにいくよ!」と家族や親戚に言われることがあります。

それには理由がありまして、春分の日の前後3日間が「お彼岸」だからです。

 

この記事は、

  • 春分の意味とは?
  • 2022年の春分はいつ?
  • 七十二候を確認!

について書いています。

 

まさじろ
まさじろ

四季の移り変わりをこよなく愛する「まさじろ」が、シンプルに紹介しますね!

 

春分の意味とは?

春分とは、二十四節気の中の1つの季節となります。

二十四節気とは、1年間を24の季節に分けて、それぞれの季節に固有の名前をつけたものになります。

 

春分の他には、「啓蟄・雨水・立春」等の季節があります。

これらも二十四節気の中の1つの季節です。

 

それぞれの季節に合った名前がつけられてるので、とっても風流でミヤビな感じがしますよね。

二十四節気の中の1季節は、さらに3つに区分されます。

 

タイ象さん
タイ象さん

これを「七十二候」と言います。こちらも後で解説しますね。

 

春分の日の意味とは?

春分の日は、日本の国民の祝日の1つになります。

実は、春分の日を心待ちにしている日本人はとっても多いです。

 

もちろん「お彼岸の時季だから」と言うのも大きな理由です。

しかし、もう1つ大きな理由があります。

 

それは、「桜が咲き始める時季だから」ですね。

日本人は、特に桜の季節が好きですもんね。

 

まさじろ
まさじろ

この時期は、暖かいですし、入学シーズンですし、年度が変わりますもんね。

 

昼と夜の長さが同じになる日

春分は、「昼と夜の長さが同じになる日」としても有名ですね。

その年によって変わりますが、3月20日~4月3日頃が春分になります。

その春分の時季の1日が「春分の日」になるんですね。

 

2022年の春分の日いつ?

2022年の春分の日にちは、国立天文台で発表されています。

春分:令和4年 (2022年)3月21日:00時33分

出典元:国立天文台

 

ここでの注意点としては、春分の日が毎年「3月21日」ではないことになります。

年によって異なりますが、春分の日は基本的には「3月20日か21日」になります。

 

昔は「皇霊祭」と呼ばれていたよ

今では「春分の日」と呼ばれていますが、昔は「皇霊祭」と呼ばれていました。

皇霊祭(こうれいさい)は、歴代の天皇・皇后・皇親の霊を祭る儀式で、宮中祭祀のひとつ。

(引用:wiki)

 

お彼岸のお墓参り

春分の日の太陽は、真東から昇って真西に沈んでいきます。

西方に極楽浄土があると考えていた昔の人は、この時季になるとご先祖様の供養のために「お墓参り」をするようになります。

 

「西方浄土(さいほうじょうど)」という言葉があるくらい、仏教では西方に重きをおいているんですね。

彼岸の中日として「彼岸会」という法要を行う地域も多いですね。

※「東から昇る太陽:人の誕生」「西に沈む太陽:人の死」との考えもあります。だから、この時季にお墓まりに行くんだそうです。

暑さ寒さも彼岸まで

「暑さ寒さも彼岸まで」と聞いたことがありませんか?ようやく本格的な春の到来を感じる時季でもありますよね。

 

七十二候をみていこう!

春分の七十二候は、以下になります。

  • 雀始巣(すずめはじめてすくう)
  • 桜始開(さくらはじめてひらく)
  • 雷乃発声(かみなりすなわちこえをはっす)

 

雀始巣(すずめはじめてすくう)

雀始巣は、春分の中でも3月20日~24日頃を言います。

春の陽気に誘われて、スズメが本格的に巣を作る準備にかかる時季です。

 

桜始開(さくらはじめてひらく)

桜始開は、春分の中でも3月25日~29日頃を言います。

桜が本格的に咲き始める時季ですね。

お花見の準備も忘れないで下さいね!

 

雷乃発声(かみなりすなわちこえをはっす)

雷乃発声は、春分の中でも3月30日~4月3日頃を言います。

季節の変わり目に訪れる雷の音を表してますね。

春雷(しゅんらい)とも言われてますね。

 

まさじろ
まさじろ

お盆やお彼岸にお墓参りにいくと、心が洗われますよね!