ショートステイとは?「施設の形態と部屋のタイプ」についても解説

ショートステイ
ショートステイ

今回の記事は、

  • ショートステイとは?
  • 施設の形態と部屋のタイプ等

について、現役ケアマネジャーの私が解説します。

 

よちる
よちる

ショートステイは、「短期入所生活介護」と言われる介護サービスです。なかなか聞き慣れない名前だから、難しそうに感じますよね。

 

ショートステイとは?

ショートステイとは、「泊まれるデイサービス」になりますね。

自宅での介護は、体にも精神的にも大きな負担がかかります。

 

ショートステイは、「介護する人の休息」という大きな役割があります。

ショートステイに行ってもらうと、介護から離れることができて心にゆとりができます。

 

ショートステイは介護する家族のためのサービス

そうすることで、再び「優しく接することができる」ようになるんですよね。

さらには、

  • 介護している人が病気になったり
  • 家族が遠方に出かける予定ができたり

した時に便利なのがショートステイなんですよね。

 

自宅で長く介護をしていると、介護することに疲れてしまいます。

自宅での介護を続けるために、「リフレッシュする時間を作れる」のもショートステイの魅力です。

 

ショートステイの介護サービス

ショートステイのサービスには以下があります。

  • 入浴
  • 食事
  • 排泄
  • リハビリ

 

よちる
よちる

ショートステイは、「要支援・要介護認定」を受けている人が利用できますよ!

 

施設の形態と部屋のタイプ等

施設の形態

ショートステイ施設の形態には2種類あります。

  • 単独型:ショートステイのみを専門に実施している施設
  • 併設型:特別養護老人ホームなどに併設しているショートステイ

 

部屋のタイプ

ショートステイの部屋タイプは大きく分けると4種類あります。

  • 多床室:一つの部屋を数人で利用する大部屋
  • 従来型個室:一人で一部屋を使う
  • ユニット型個室:共有スペースがあり、個室で生活できる
  • ユニット型準個室:共有スペースがあり、簡易的な個室がある

 

利用できる日数

基本的に、連続した利用は30日までとなっています。

用事のあるときだけ使うなど、色んな利用が可能です。

 

料金

ショートステイの料金は、

  • 施設の形態
  • 部屋のタイプ
  • 要介護度

などで変わってきます。

 

ショートステイを利用するには

ショートステイを利用したい場合は、担当のケアマネジャーに相談してください。

まずは、ケアプランに「ショートステイを追加」してもらって下さい。

 

あとは、

  • どこのショートステイを利用するか
  • いつ利用するかなどを決めて

ショートステイ施設に空きがあるか確認します。

 

まさじろ
まさじろ

人気のあるショートステイの施設は、空きがない場合があります。

 

利用の注意点

利用したい施設があったら、「利用する本人さんと一緒に見学」することをおすすめします。

実際に施設を見て、スタッフの対応や、設備、周りの環境などを確認することが大事です。

 

忘れてしまうかもしれませんが、利用する本人も「見学するとすんなり利用できる」ことが多いです。

慣れるためには、1泊2日から始めることをおすすめしますよ!

 

よちる
よちる

介護する人も、される人もお互い少し離れるといい関係が築けるようです。上手にショートステイを利用して下さいね!