【宿泊記】和歌山加太温泉・シーサイドホテル加太海月の魅力を紹介!

和歌山市加太にある、海を見渡せる素敵な温泉ホテルが「和歌山加太温泉・シーサイドホテル加太海月」ですね。

人形供養で有名な淡嶋神社のお隣にあるので、見たことがある方も多いかと思います。

 

ちなみに、以前は「吾妻屋シーサイドホテル」と言う名前だったので、そちらの方が馴染み深い方もいますよね。

2014年4月より、和歌山加太温泉・シーサイドホテル加太海月として運営してらっしゃいます。

そんなシーサイドホテル加太海月の最大の魅力は、「ホテルの真横にある海」です。

露天風呂・室内・ロビー・食事処と、いろんな場所から海が大迫力で見えるんですよね。

 

最初に、シーサイドホテル加太海月の「基本情報・料金・宿泊プラン・口コミ」をチェックしたい方は以下をタップ!

>>【公式】じゃらん

>>【公式】楽天トラベル

 

今回は、シーサイドホテル加太海月の「魅力・客室・施設・食事・アクセス」をシンプルに解説しますね。

それでは、「シーサイドホテル加太海月の3つの魅力」から確認していきましょう!

 

まさじろ
まさじろ

和歌山県の出身で在住の「まさじろ」が、この記事を書いています。和歌山市加太を訪れた回数は軽く100回を超えるので、安心して読みすすめて下さいね!

 

【まさじろ・保有資格など】

  • インターネット旅行情報士検定2級
  • 和歌山歴史物語スタンプラリー100・完全踏破

 

和歌山加太温泉・シーサイドホテル加太海月の3つの魅力

和歌山加太温泉・シーサイドホテル加太海月の3つの魅力が以下になります。

  • 潮騒が聞こえる露天風呂
  • オーシャンビューの部屋
  • ロビーから見える海

 

潮騒が聞こえる露天風呂

出典元:「公式ブログ」シーサイドホテル加太海月

和歌山加太温泉・シーサイドホテル加太海月の最大の魅力は、「露天風呂から見る海」です。

露天風呂から見る風景は、感動の一言です。

 

ホテルの真横に海があるので、潮騒を聞きながら露天風呂を楽しめちゃいます。

日本全国広しといえ、「海の真横で露天風呂に入れるホテル」は珍しいと思います。

出典元:「公式ブログ」シーサイドホテル加太海月

本当は自分で写真撮影したいんですが、「お風呂は撮影禁止」なのでルールは守らないとね(笑)

てことで、シーサイドホテル加太海月の公式サイトの写真を引用してます。

 

オーシャンビューの部屋

シーサイドホテル加太海月は、「部屋の窓が大きい」のも魅力的ですね。

大迫力で空や海を見ることができるので、いつまでも眺めてられますよ。

 

みか坊
みか坊

ちなみに、目の前に見えてるのが、ラピュタの島で有名な「友ヶ島」ですね。

 

ロビーから見える海

ホテルのロビーから見る、海や友ヶ島も美しいです。

日が暮れると、さらに美しくなります。

ロビーの近くにテラスがあって、海を眺められるチェアーがあります。

やさしい海風と遠くの船の灯りが、とってもロマンチックでした。

 

客室をチェック!

海を眺める絶景のデラックス洋室

今回、私がシーサイドホテル加太海月で宿泊したのは、「海を眺める絶景のデラックス洋室」になります。

大きめのベッドが2つあって、お隣にはテーブルとイス、さらにはソファーまである部屋でした。

 

テーブルとイス

ベッドの隣りにあるのが、上記写真の「テーブルとイス」になります。

椅子に座りながら、窓からの絶景を堪能できるのが素敵です。

 

窓際にあるので、のんびりと絶景を楽しむことができましたよ。

テーブルの上に、窓から見える島々の紹介があるのも高ポイントでした。

 

ソファー

さらには、テレビ観賞用のソファーもありましたよ。

大型ソファーなので、座り心地もよかったです。

 

みか坊
みか坊

ホテルの部屋の雰囲気やアメニティついては、後述するYoutube動画で詳しく紹介しています!

 

館内施設をチェック!

ロビー

シーサイドホテル加太海月の玄関を入ると、左手にフロントがあります。

フロントのお隣にあるのが、ロビー(上記写真)ですね。

ロビーには、カラフルな浴衣が並んでいます。

この棚に並んでいる中から、好きな浴衣が選べるんですよね。

 

みか坊
みか坊

女性のお客さんが大喜びで、浴衣を選んでいましたよ。女性は、こういうのが好きですよね!

 

お土産屋さん

ロビーのお隣には、お土産屋さんがありました。

ジュースやビールなどの冷たい飲み物もコチラで購入することができます。

奥に進むと、お酒なんかも売っていました。

数多くの和歌山土産があるので、お土産を探すのに丁度いいですね。

 

その他の館内施設

さらに、シーサイドホテル加太海月には以下の施設があります。

  • BBQレストラン
  • ダンスホール
  • カラオケ

 

ダンスはしないので、「部屋だけ見せて欲しい」とは言えません。

BBQレストランは、おっちゃん達が大盛りあがりで「写真や動画を撮っていい?」とは言えない雰囲気でした。

 

まさじろ
まさじろ

せっかく楽しく盛り上がってるのに、水を指したら悪いですもんね。つまりは、写真はありません(笑)

 

夕食と朝食

夕食:お食事処・友ヶ島

夕食は、ホテル1階にあるお食事処・友ヶ島で「黒毛和牛会席」を頂きました。

加太は海沿いの町になるので、海鮮が美味しいんですよね。

 

海鮮が美味しいのは分かっていたので、今回はあえて肉料理メインにしました。

ちなみに、上記写真がなんかひっそりしてるのは、他のお客さんが全員帰ってから撮影したからですよ。

 

黒毛和牛会席

「黒毛和牛会席」の内容は以下になります。

  • 先 付  地鶏の梅肉和え
  • 凌 ぎ  牛握り2種
  • お造り 料理長厳選3種盛
  • 焼 物  黒毛和牛ミニステーキ
  • 煮 物  紀州豚の角煮
  • 焜 炉  黒毛和牛のすき焼き鍋
  • 蒸 物  茶碗蒸し
  • 酢 物  加太もずく
  • 留 椀  清汁仕立て
  • 食 事  鶏釜飯
  • 香 物  三種
  • 水 物  季節のデザート

 

流石は、お肉を満喫・黒毛和牛会席コースです。

特に美味しかったのは、コチラの「黒毛和牛ミニステーキ」ですね。

厚切りのお肉を、アツアツのプレートで焼きます。

さらには、「黒毛和牛のすき焼き鍋」も美味しかったです。

黒毛和牛のすき焼き鍋は、お肉がトロケそうでした。

さらには、お肉もさることながら、すき焼きの割り下も美味しかったです。

 

お肉を食べた後の割り下を「鶏釜飯」に少しかけたら、味が変わって美味しかったですよ。

次の料理を出してくれるタイミングが絶妙だったので、スタッフの方にも感謝ですね。

 

まさじろ
まさじろ

夕食も後述するYoutube動画の方が分かりやすいと思うので、後でチェックして下さいね!

 

朝食

座席についたら、スタッフの方が「ご飯とお味噌汁」を持ってきてくれます。

ご飯とお味噌汁の写真は、すみませんがありません。

 

露天風呂に3回入ったので、この日はグッスリと寝てたからですね。

なので、朝食は寝ぼけながらいただきました。

 

みか坊
みか坊

半分眠ってる中で、「よくぞ、この1枚だけでも撮ったね!」と自分を褒めてあげたいです(笑)

 

和歌山加太温泉を動画でチェック!

【宿泊記】シーサイドホテル加太海月(和歌山市加太)に泊まってきたよ!窓からの眺望と露天風呂が最高のお宿でした

シーサイドホテル加太海月については、「おさんぽ和歌山Youtube版」でも詳しく紹介しています。

動画で確認すると、さらに理解しやすいですよ!

 

3つのアクセス方法と駐車場

シーサイドホテル加太海月へのアクセスには以下があります。

  • 車+駐車場
  • 電車
  • 無料送迎バス

 

車でのアクセス+駐車場

シーサイドホテル加太海月の最寄りICは、「和歌山IC」と「和歌山北IC」になります。

高速道路を降りたら、西方向にむかうと加太があります。

 

和歌山IC→シーサイドホテル加太海月の最寄りICまでは、約20kmになります。

到着したら、ホテルに隣接する駐車場に止めましょう。

  • 料金:無料
  • 台数:50台

 

みか坊
みか坊

ホテルの入口を車で進むと、奥側に駐車場がありますよ!

 

電車でのアクセス

シーサイドホテル加太海月の最寄り駅は、「南海・加太駅」になります。

南海・加太駅からの移動手段が下記になります。

  • タクシー:5分~7分
  • 徒歩  :25分~30分
  • 無料送迎バス

 

無料送迎バス

時間があえば、便利でお得なのが「無料送迎バス」になりますね。

無料送迎バスは、南海・加太駅の改札口出て下だった停留所に来てくれるそうです。

 

和歌山加太温泉・シーサイドホテル加太海月の基本情報

和歌山加太温泉・シーサイドホテル加太海月の基本情報は以下になります。

  • 名称:シーサイドホテル加太海月
  • 住所:和歌山県和歌山市加太1905
  • 駐車:無料駐車場あり
  • 送迎:無料送迎バスあり
  • 部屋:26室
  • 風呂:内湯あり・露天風呂あり

 

みか坊
みか坊

それでは次は、あなたがいつも使っている旅行サイトで「もっと詳しい情報」を確認して下さいね!

シーサイドホテル加太海月の「基本情報・料金・宿泊プラン・口コミ」は以下をタップ!

>>【公式】じゃらん

>>【公式】楽天トラベル

 

コメント

カテゴリー