ネトゲ廃人がネット世界から抜け出しにくい理由を解説するよ!

スマホ依存症
スマホ依存症

 

今回は、ネトゲ廃人について解説します。

ネットスラングでよく使う「ネトゲ廃人」とは、ネットゲーム等にハマりすぎて、まともに日常生活を営めない人を指します。

 

ネットゲームに過度にハマってる人は自虐的に「自分はネトゲ廃人だから」と言ったりします。

まさじろ
まさじろ

さらには、常にネットゲーム世界にいるプレーヤーを揶揄して「彼は廃(廃人)だから」という言い方もしますね。

 

ネトゲ廃人はネットゲームが生活の全て

ネトゲ廃人や準廃人(廃人には及ばないけど近しい人)は、物事の優先順位が一般人とは異なります。

端的に言うと、生活の全てをネットゲームに注ぎ込みます。

 

学生さんなら学校に行かなくなります。社会人なら仕事を辞めます。

そうやって24時間ネットゲームに集中できる環境を整えます。

 

学生さんは、まだ親御さんがいるから生活は大丈夫です。

しかし、これを社会人男性が家庭持ちがやると「家庭崩壊」に近づきます。

 

お父さんが帰ってこない(泣)

「お父さんがネット世界から帰ってこない」とお子さんが嘆いてる家庭があります。

このパターンで1番よく聞くのが、お父さんがリストラされて、次の仕事が見つからない間にネットゲームにハマってしまうパターンですね。

 

雇用保険が貰えるので、せっかくなら「貰いきった後に再就職」と考えてる人に多いです。

暇だけどお金に余裕がないので遊びに行けない。

 

だから、無料のネットゲームで暇つぶし。

いつの間にか「課金」が増える。ハマる。そんな感じですね。

 

ネトゲ廃人のリアルはネットだよ!

ネトゲ廃人になると、リアルの友人関係よりもネットゲームの人間関係を重視します。

ですのでリアルの友達がいなくなります。

 

友達がいなくなると、寂しいのでさらにネトゲにハマる悪循環に陥ります。

 

寝てる間もネットゲーム

廃人クラスになると寝る時間も惜しんでネットゲームをしてます。

しかし、流石に寝ないわけにもいかないので、朝になると寝る人が多いです。

 

といっても、3時間とか4時間の短時間の睡眠ですね。

しかも、寝ている間もネットゲーム上で、自分の使ってるキャラを常駐させて放置しています。

 

ですので、他の一般プレーヤーからは、「彼は24時間ゲームにインしてる」と揶揄されるのですね。

 

ボトラーは食事もトイレもモニターの前

一般人でもネットゲームをしながら食事をする人はいますが、トップクラスの廃人になるとトイレもモニターの前でするようになります。

「どうやってするの?」と疑問に思われますよね。

 

ペットボトルにするんですよね。トイレに行く時間すら惜しいんです。

こういう人を、ネットスラングで「ボトラー」と言います。

 

ちなみに女性廃人にもボトラーが存在します。

じょうごを使うと本人は言ってました。家族と住んでるので、なるべく部屋から出たくないそうです。

 

ネットゲームの頑張るとは?

ネットゲーム内では、「頑張る人が尊敬」されます。

「永遠に続く単調なレベル上げ」が頑張るの代表で「レアアイテムがドロップ」するのを待って、ひたすらゲーム内のモンスターを狩るのも尊敬される行為の1つですね。

 

ですので、廃人たちは寝る時間も惜しんでモンスターを倒し続けます。

ネットゲームを提供してる会社側から見ると、簡単にレベルが上がったり、レアアイテムがドロップすると課金してくれる人が減ります。

 

ゲームで頑張る人

ですので、ネットゲームはレベルが上がりにくくなっています。

ゲーム序盤はガンガンとレベルが上がるんですが、ゲームに慣れてくる頃になるとレベル上昇は鈍化します。

 

ですので、プレーヤーは何十時間もモンスターを狩り続けます。

これが「ネットゲームでの頑張る」になります。

 

初めての体験にハマってしまうよ

そうやって「レベルが上がったり、レアアイテムをゲット」すると他のプレーヤーから尊敬の眼差しで見られるようになります。

現実世界では、脚光を浴びたことのない人などは「今まで体感したことない喜び」がいつまでも続きます。

 

そして、その快楽を求めて、日々寸暇を惜しんでゲームをすることになります。

 

廃人と言われて喜ぶ人

ネットゲーム廃人には2パターン存在して、廃人と言われると「怒る人と喜ぶ人」が存在します。

前述したように、ネットゲームでは「頑張る人」が尊敬される傾向にあるからです。

 

つまりは、「頑張ってる自分への褒め言葉」と受け止める廃人もいるんです。

一般の人から見ると不思議な世界なのですが、ネットゲームの住人にとって「ゲームの世界」は実際の世界と同じと考えてる人が多いからですね。

 

まさじろ
まさじろ

ちなみに、アルコール依存症の見地から見ると、まだ人間関係が修復できるのでマシですね。酒癖での人間関係は修復不可能なレベルまでいきますから!

おさんぽ旅