【一覧あり】哺乳類の意味とは?体温・卵などの特徴から解説するよ!

動物園

人間が属していることで知られる哺乳類は、魚類や爬虫類と比べると比較的に新しいグループになります。

数億年前に、爬虫類から進化したのが哺乳類と言われているからですね。

 

哺乳類で有名なのが、人間・犬・猫・ライオン・トラなどになります。

しかし、パンダ・レッサーパンダ、さらには巨大なクジラなんかも哺乳類なんです。

 

実は哺乳類には、様々な種類の生物がカテゴライズされているんです(詳細は後述)。

今回は、「哺乳類の意味とは?・哺乳類の一覧」を詳しく解説します。

ぱんだガール
ぱんだガール

この記事は、動物園が大好きで、1ヶ月に2~4回は必ず動物園に行く、動物大好きYoutuberの「ぱんだガール」が書いています。

 

哺乳類の意味とは?

哺乳類とは、「脊椎動物(意味:背骨のある動物)」に分類される生物です。

恒温なので体温調節ができ、暑さや寒さの厳しい環境でも生き抜けます。

 

さらに哺乳類は、一部例外を除いて「卵ではなく赤ちゃんを出産」します。

メスには乳腺があり、乳を与えて子供を育てます。

 

哺乳類の種類

哺乳類は、18目135科の約4,000種類が地球上に存在します。

具体的には、日本には以下の種類の哺乳類が存在します。

  • 陸地:約100種類
  • 近海:約50種類

 

パンダ一郎
パンダ一郎

生息環境が様々あり、空・海・地上などに生息しているのも哺乳類の特徴ですね!

 

哺乳類の代表グループと進化の理由

哺乳類の代表的なグループが以下になります。

  • 霊長類
  • 食肉類
  • 有蹄類

※具体的な哺乳類の一覧は後述

 

人間やお猿さんは、霊長類になりますね。

食肉類=肉食動物とのイメージで概ね問題ないですが、「パンダやレッサーパンダのような例外」も存在します。

 

哺乳類が進化した要因

哺乳類が進化した理由の1つが、「あごの骨」にあります。

実は、動物界の中では哺乳類だけが、唯一食べ物を咀嚼できるんだそうです。

 

あごの骨の発達することで、より多くの種類の食べ物を摂取できるようになります。

そうやって、哺乳類は動物界を凌駕する存在となったんです。

 

ガネーシャ
ガネーシャ

それでは次は、「哺乳類の特徴」を詳しくチェックしましょう!

 

特徴:体温:卵

哺乳類の特徴が以下になります。

  • 体温を保てる
  • 卵でなく赤ちゃん
  • 乳で育つ

 

体温を保てる

哺乳類の大きな特徴の1つが、「体温を保てる」になります。

爬虫類などが体温を保つためには、お日様にあたるか、自分で動いたりする必要があります。

 

しかし、哺乳類は体内の温度が高く、35℃~38℃に保たれてるんですよね。

そうやって恒温できることで、色んな場所で生活できています。

 

卵でなく赤ちゃん

哺乳類は卵ではなく、赤ちゃんとして生まれてくるのも特徴の1つですね。

メスの体内で卵子と精子が結合して受精するのが哺乳類ですが、一部例外もあります。

 

それが、ハリモグラとカモノハシですね。

この両者は哺乳類の例外で、赤ちゃんではなく卵を産みます。

 

乳で育つ

哺乳類のメスには乳腺があり、そこから赤ちゃんに栄養を与えます。

母乳は栄養価が高く、赤ちゃんを病原菌から守る働きがあると言われています。

 

ちなみに、哺乳類は赤ちゃんとして生まれてくるので、世話をしないといけません。

そうやって親から色々と学ぶので、哺乳類の赤ちゃんは生存率が高いんですね。

 

哺乳類名前一覧

霊長類

チンパンジー・ゴリラ・テナガザル・マンドリル・キンシコウ・マントヒヒ・キツネザル・メガネザル等

 

食肉類

トラ・ライオン・チーター・ヒョウ・ジャガー・ピューマ・ネコ・イヌ・キツネ・オオカミ・タヌキ・クマ・パンダ・レッサーパンダ・アナグマ・スカンク・カワウソ・イタチ・アザラシ・アシカ・アライグマ・マングース等

 

有蹄類

クジラ・シャチ・イルカ・キリン・オカピ・ラクダ・イノシシ・カバ・ゾウ・ウマ・ロバ・シマウマ・ジュゴン・マナティー・バク・サイ・ウシ・ヤギ・ヒツジ・シカ等

 

げっ歯類

リス・ネズミ・ビーバー・プレーリードッグ・ハムスター・ヤマアラシ・カピバラ等

 

単孔類

カモノハシ・ハリモグラ

※哺乳類で唯一卵を生むグループ

 

有袋類

ウォンバット・カンガルー・ワラビー・コアラ・クスクス・アリクイ・アルマジロ・ナマケモノ等

 

食虫類

ネズミ・モグラ等

 

コウモリ類

コウモリ

※哺乳類で、唯一飛べるのがコウモリ類

 

ぱんだガール
ぱんだガール

人間が属している哺乳類には、こんなにも多くの動物がいるのに驚きですね!