【和歌山】恐竜ランド&極楽洞の見所10選!おすすめアクセスも解説

和歌山県かつらぎ町にある、洞窟を利用したテーマパークが「恐竜ランド&極楽洞」になります。

恐竜ランド&極楽洞は、B級スポットやパワースポットとして、今密かに人気の観光地です。

 

ただし、恐竜博物館をイメージしている方は、残念な気分で帰路につくことになります。

しかし、恐竜のテーマパークだと理解してる方にとっては、「かなり楽しめるB級スポット」になりますよ。

 

かつらぎ町観光協会さんでも、恐竜ランド&極楽洞をこのように紹介しています。

迷路のような洞窟を体験できる「洞窟ラビリンス」。一歩足を踏み入れると、突然現れる恐竜の大音声や照明で太古の昔にタイムスリップ!

出典元:「恐竜ランド」かつらぎ町観光協会

 

恐竜ランド&極楽洞は、「小原洞窟(こばらどうくつ)」を再利用しています。

小原洞窟は、江戸時代から昭和40年頃まで「銅や金が掘られていた鉱山」になりますね。

 

鉱山を上手に再利用しているので、雰囲気たっぷりの観光スポットになるんです。

今回は、恐竜ランド&極楽洞の「入口からの流れ・見所10選・おすすめアクセス」をシンプルに解説しますね。

 

それでは最初に、「恐竜ランド&極楽洞の入口からの流れ」を確認していきましょう!

まさじろ
まさじろ

和歌山県の出身で在住の「まさじろ」が、この記事を書いています。恐竜ランド&極楽洞には3回来てるので、安心して読みすすめて下さいね!

 

【まさじろ・保有資格など】

  • インターネット旅行情報士検定2級
  • 和歌山歴史物語スタンプラリー100・完全踏破

 

恐竜ランド&極楽洞の入口からの流れ

恐竜ランド&極楽洞の入口

駐車場の横に、上記写真の「恐竜ランド&極楽洞の入口」があります。

ここを道なりに進んで下さい。

 

みか坊
みか坊

ちなみに、恐竜ランド&極楽洞の駐車場は広いので、満車になることはほぼないと思いますよ!

 

チケットカウンター

入口を進むと、チケットカウンターがあります。

ここで、チケットを購入して下さい。

 

洞窟への入口

チケットカウンターを進むと、洞窟への入口があります。

ここから入場して下さい。

 

ヘルメット必須

洞窟の入口にヘルメットが置いてるので、「絶対に着用すること」を強くおすすめします。

前述したように、洞窟の跡地になるので、鋭利な岩なんかもあるからですね。

 

私は動画撮影したのもあって、10回以上頭をぶつけました。

ヘルメットが無かったら「かなり危険」だったと思います。

 

迷路のように入り組んでる

恐竜ランド&極楽洞の入り口を、少し進んだ場所が上記写真になります。

こんな感じで洞窟を進むので、ワクワクしちゃいますよ!

 

この後、順番に見所を紹介したいのですが、それはチョット難しいです。

それは、恐竜ランド&極楽洞の通路は、「迷路のように入り組んでる」からです。

 

まさじろ
まさじろ

なので、気の赴くままに進んで下さい。それが、恐竜ランド&極楽洞の醍醐味なんです(笑)

 

恐竜ランド&極楽洞おすすめの見所10選!

恐竜ワールド

色んな恐竜が勢揃いしているのが、「恐竜ワールド」になります。

卵から生まれたばかりの恐竜が、けっこう可愛いです。

 

みつめるアロサウルス

「みつめるアロサウルス」に、驚く人は多いですね。

映画ジュラシックパークを思い出してしまいました。

 

微妙に揺れるトリケラトプス

「トリケラトプス」が、個人的に興味深かったですね。

微妙に揺れてるんで、なんか不気味なんですよね。

 

影が怖い

洞窟内は、恐竜の鳴き声が静かに響いています。

そんな中での、こちらの恐竜の影が怖いんです。

 

みか坊
みか坊

ここらへんまで来ると、「恐竜テーマパーク」と言うのを忘れてる人が多いですよ(笑)

 

闇に輝く蛍石

闇に輝く蛍石は、とっても美しかったですね。

まさじろ
まさじろ

特に、写真奥にある「紫色の蛍石」に心を奪われました。神秘的な美しさがあるんです!

 

鬼の金棒

「ふれると勇気と力が授かる鬼の金棒」は、パワースポットですね。

みか坊
みか坊

金棒だから金運アップもあると思うので、パシパシと金棒にふれまくりましょう。

 

赤門

鬼の金棒の近くにある赤門が、地下フロアへの入り口の1つになります。

地下フロアが、極楽洞エリアになりますね。

 

獄卒・牛頭

「獄卒・牛頭」も、かなり精密に作られています。

 

釜茹で地獄

釜茹で地獄も、やたらにリアルに作られています。

 

閻魔大王

地獄の閻魔大王もいらっしゃいます。

 

恐竜ランド&極楽洞の見所動画

【B級スポット】恐竜ランド&極楽堂(和歌山県)の見所!パワースポットもあるよ

恐竜ランド&極楽洞の見どころは、「おさんぽ和歌山Youtube版」でも詳しく紹介しています。

動画で確認すると、さらに理解しやすいですよ!

 

地図と車でのアクセス

恐竜ランド&極楽洞への車でのアクセスは、以下のICがおすすめです。

  • かつらぎ西IC
  • 海南IC

 

かつらぎ西IC

大阪・奈良からの方は、「かつらぎ西IC」が最寄りです。

恐竜ランド&極楽洞に車でアクセスする方の、一般的なルートになりますね。

 

ただし、このルートは途中まで、和歌山県の超有名観光地である「高野山へのアクセス」と同じになります。

みか坊
みか坊

ですので、土日はけっこう混雑するのがデメリットですね。

 

海南IC

私のおすすめは、海南ICになります。

のんびりとドライブを楽しみながら、恐竜ランド&極楽洞に行けるからですね。

 

まさじろ
まさじろ

行きと帰りでICを分けると、2つのルートを楽しめるので一挙両得ですよ(笑)

 

基本情報・入場料・営業時間

恐竜ランド&極楽洞の基本情報

恐竜ランド&極楽洞の基本情報は以下になります。

※入場料・営業時間は、記事更新時の情報になります。

 

恐竜ランド&極楽洞の入場料

恐竜ランド&極楽洞の入場料は以下になります。

  • 大人:900円
  • 子供:600円

※子供:3才~中学生

 

恐竜ランド&極楽洞の営業時間

  • 営業時間:9:00〜17:00
  • 定休日 :3月~9月は無休

※10月~2月の期間は木曜日休館(祭日は除く)

 

コメント

カテゴリー