串本町観光(潮岬・紀伊大島)のおすすめを地元和歌山県民が7厳選

和歌山県の南部にある串本町は、「本州最南端の町」として知られています。

人口約1.5万人の、和歌山県の中でも比較的のんびりした町の1つですね。

 

串本町で、もっとも有名なのが「潮岬(しおのみさき)」になります。

潮岬は、台風情報でよく耳にするので、ご存知の方も多いかと思います。

太平洋に面した串本町は、「海に関連した観光地が多い」のが特徴ですね。

さらには、本州の中では別格の美しい海が見られるエリアでもあります。

 

南国和歌山は、海が綺麗なことで知られています。

しかし、和歌山県の中でも南部は、海が抜群に美しいエリアなんです。

そんな串本町のおすすめ観光地が以下になります。

  1. 橋杭岩
  2. 串本海中公園
  3. 潮岬灯台
  4. 本州最南端の碑
  5. 潮岬観光タワー
  6. くしもと大橋
  7. 樫野埼灯台
  8. トルコ記念館☆
  9. 南紀熊野ジオパークセンター☆
  10. 海金剛☆

☆は時間があれば巡ってほしい観光地ですね

 

それでは最初に、串本町観光の最大の見所である「奇岩・橋杭岩」から確認していきましょう!

まさじろ
まさじろ

和歌山県の出身で在住の「まさじろ」が、この記事を書いています。串本には100回以上は訪れているので、安心して読みすすめて下さいね!

 

【まさじろ・保有資格など】

  • インターネット旅行情報士検定2級
  • 和歌山歴史物語スタンプラリー100・完全踏破

 

奇岩・橋杭岩(串本町観光の最大の見所)

和歌山県串本町にある、有名観光地が「橋杭岩(はしぐいいわ)」ですね。

串本沖から紀伊大島に向かって、約850mの間に大小約40の岩柱が立っています。

 

吉野熊野国立公園地域にあり、国の天然記念物に指定されています。

この岩柱が直線上に並ぶ姿が、橋の杭のようにみえるので橋杭岩と呼ばれているんですよね。

 

橋杭岩の見所

橋杭岩の見所が以下になります

  • 日の出
  • 夕日
  • お昼
  • 至近距離
  • 風が心地よい

日の出

橋杭岩の見所の1つ目が、「日の出」になります。

上記写真のように、橋杭岩の奥の方に見える日の出は、神々しいの一言です。

 

夕日

橋杭岩の見所の2つ目が、「夕日」になります。

太陽が沈みきった直後の雰囲気が個人的には好きですね。

 

岩の1つ1つに名前がある

橋杭岩で誰もが驚くことが、「1つ1つに名前がある」になります。

上記写真のように、1つ1つの島に名前がつけられているんです。

 

道の駅・くしもと橋杭岩

橋杭岩の、すぐ隣にあるのが「道の駅・くしもと橋杭岩」ですね。

1階ではお土産屋・テイクアウトフードが購入でき、2階は展望フロアになります。

 

動画で確認!

【空海が起こした奇跡】奇岩・橋杭岩(串本町)の風景と行き方を、地元和歌山県民がシンプルに紹介するよ!

橋杭岩は、「おさんぽ和歌山Youtube版」でも詳しく紹介しています。

動画で確認すると、さらに理解しやすいですよ!

 

橋杭岩の基本情報

橋杭岩の基本情報は以下になります。

  • 名称:橋杭岩
  • 住所:和歌山県東牟婁郡串本町 くじの川
  • 地図:Googleマップで見る
  • 料金:無料

 

橋杭岩に関する、もっと詳しい情報はコチラをどうぞ!

【和歌山】橋杭岩の見所を5選!日の出・夕日・道の駅・アクセスも
和歌山県串本町にある、有名観光地が「橋杭岩(はしくいいわorはしぐいいわ)」ですね。 串本沖から紀伊大島に向かって、約850mの間に大小約40の岩柱が立っています。 吉野熊野国立公園地域にあり、国の天然記念物に指...
まさじろ
まさじろ

自然がつくりだした神秘は、本当に素晴らしいですよ!

串本海中公園

和歌山県串本町にある海のテーマパークが、「串本海中公園」になります。

串本海中公園=水族館と思ってる方が多いのですが、それはだけではないんですよね。

 

串本海中公園の見所は以下の5つになります。

  • 水族館
  • 海中展望台
  • 海中観光船
  • 海中公園レストラン
  • ダイビングパーク

 

みか坊
みか坊

水族館は、串本海中公園の見所の1つなんです!

 

動画で確認!

【赤ちゃん亀も激カワ!】串本海中公園(和歌山県串本町)の見所5選を、地元和歌山県民がシンプルに紹介するよ!海中展望塔からの眺めは、まさに竜宮城

串本海中公園、「おさんぽ和歌山Youtube版」でも詳しく紹介しています。

動画で確認すると、さらに理解しやすいですよ!

 

串本海中公園の基本情報

串本海中公園の基本情報は以下になります。

  • 名称:串本海中公園
  • 住所:和歌山県東牟婁郡串本町有田1157
  • 地図:Googleマップで見る
  • 電話:0735-62-1122
  • 時間:9:00~16:30
  • 休日:年中無休
  • 料金:大人1,500円~
  • WEB:公式サイト

※記事更新時の情報になります

 

潮岬灯台(潮岬観光の最大の見所)

和歌山県串本町潮岬にあるのが、「潮岬灯台」になります。

初点灯は1873年(明治6年)になるので、100年以上稼働している歴史ある灯台の1つですね。

 

第50回灯台記念日の行事として行われた、「あなたが選ぶ日本の灯台50選」にも選ばれています。

平成10年11月 1日の第50回灯台記念日の行事として、全国の皆さんに呼びかけ印象に残った灯台の投票を行いました。北は北海道から南は沖縄まで全国50の灯台が選ばれました。

出典元:「日本の灯台50選」公益社団法人燈光会

 

潮岬灯台の見所

潮岬灯台の見所が以下になります。

  • 灯台の内部をのぼれる
  • 展望台からの眺め
  • 夕日
  • スイミーの壁画
  • 資料展示室

 

灯台の内部をのぼれる

潮岬灯台は日本に16しかない「のぼれる灯台」の1つなんです。

ですので、灯台の内部をのぼることができちゃうんです。

 

展望台からの眺め

潮岬灯台は本州の最南端にあるので、目の前は太平洋です。

美しい海と、一直線に伸びる水平線が、素晴らしいんですよね。

 

動画で確認!

【日本の灯台50選】潮岬灯台(串本町潮岬)からの風景と行き方を、地元和歌山県民がシンプルに紹介するよ!

潮岬灯台は、「おさんぽ和歌山Youtube版」でも詳しく紹介しています。

動画で確認すると、さらに理解しやすいですよ!

 

潮岬灯台の基本情報

潮岬灯台の基本情報は以下になります。

  • 名称:潮岬灯台
  • 住所:和歌山県東牟婁郡串本町潮岬2877
  • 地図:Googleマップで見る
  • 時間:9:00~16:30
  • 休日:年中無休
  • 料金:中学生以上300円
  • WEB:公式サイト

※記事更新時の情報になります

 

潮岬灯台に関する、もっと詳しい情報はコチラをどうぞ!

【和歌山】潮岬灯台の見所5選!夕日・料金・駐車場・アクセス地図も
和歌山県串本町潮岬にある、白亜の灯台が「潮岬灯台(しおのみさきとうだい)」になります。 初点灯は1873年(明治6年)になるので、100年以上稼働している歴史ある灯台の1つですね。 潮岬灯台は、英国人である「リチ...
まさじろ
まさじろ

灯台の内部を上ることは、中々できないのでオススメですよ!

本州最南端の碑

本州最南端の街である串本町には、「本州最南端の碑」があります。

串本まで来たなら、ぜひコチラで記念写真を撮ってほしいですね。

 

本州の南の端っこまで来たことを証明できますよ。

注意点としては、「本州最南端の碑はもう1つある」になります。

 

本州最南端の碑は2つある

もう1つの、本州最南端の碑が上記写真になります。

せっかくなので、どちらでも記念撮影することをおすすめします。

 

ちなみに、どちらも近い場所にあるので、見逃す方少ないです。

しかし、たまにですが片方しか見ていかない方がいるので、少々モッタイナイと思うんですよね。

 

本州最南端の碑から眺める太平洋

本州最南端の碑から眺める太平洋が上記写真になります。

潮岬は洋上の交通の要所になるので、船の往来が多いんですよね。

 

みか坊
みか坊

行き交う様々な国籍の船を見てるだけで、なんだかワクワクしちゃいます。

 

潮風の休憩所

本州最南端の碑のスグ近くにあるのが、「潮風の休憩所」になります。

平成26年に移転新築された、まだまだ新しい施設ですね。

無料で利用できて、エアコン・トイレも完備なので、とってもありがたい施設です。

さらには、潮風の休憩所には大きな窓があって、外の景色を眺めることもできます。

 

動画で確認

【記念撮影に最適】本州最南端の碑(串本町潮岬)から見える景色と行き方を、地元和歌山県民がシンプルに紹介するよ!

本州最南端の碑は、「おさんぽ和歌山Youtube版」でも詳しく紹介しています。

動画で確認すると、さらに理解しやすいですよ!

 

本州最南端の碑への基本情報と行き方

本州最南端の碑の基本情報は以下になります。

 

本州最南端の碑は、南紀熊野ジオパークセンターや潮岬観光タワー(後述)の目の前にあります。

徒歩で2分くらいなので、かなり近いですよ!

 

潮岬観光タワー

潮岬を大パノラマで見渡せることで知られるのが、「潮岬観光タワー」ですね。

最上階にある展望台から、周囲を360℃見渡すことができるのが特徴です。

 

前述した本州最南端の碑から、太平洋を眺めるのも美しいです。

しかし、潮岬観光タワーの展望台は海抜約100メートルにあるので「さらなる絶景」が楽しめます。

 

潮岬観光タワーの入り口

上記写真が、潮岬観光タワーの入り口になります。

10段ぐらいの階段があるので、ここを上がって行って下さい。

左手にあるのが、チケットカウンターですね。

こちらでチケットを購入したら、右手の奥に進んで下さい。

 

エレベーターで7階へ

奥に少し進むと、右手にエレベーターがあります。

このエレベーターを使って7階に行きましょう

 

ちなみに、「7階ね!」とメモする必要は全くありません。

このエレベーターは、1階と7階のボタンしかないからですね。

7階ボタンにも、「展望台の文字」があるので安心してくださいね!

 

展望台からの大パノラマ

展望台から、南東の方角が上記写真になります。

遥か彼方の水平線が美しいですよね。

展望台から、南の方角が上記写真になります。

本州最南端の碑が小さく見えてますよ!

展望台から、南西の方角が上記写真になります。

潮岬灯台が見えるのが、この方角ですよ。

 

売店とレストラン

潮岬観光タワーのお隣には、売店とレストランがあります。

建物の1階にある売店では、串本観光のお土産を買うことができます。

2階にあるレストランでは、太平洋を見ながらの食事を楽しむことができます。

お店の方の話では、一番人気は「近代マグロ丼(1,600円)」だそうです。

 

動画で確認

【水平線が美しい】潮岬観光タワー(串本町潮岬)からの風景とチケット購入→展望台までの流れを、地元和歌山県民がシンプルに紹介するよ!

潮岬観光タワーからの風景などは、「おさんぽ和歌山Youtube版」でも詳しく紹介しています。

動画で確認すると、さらに理解しやすいですよ!

 

潮岬観光タワーの基本情報

潮岬観光タワーの基本情報は以下になります。

  • 名称:潮岬観光タワー
  • 住所:和歌山県東牟婁郡串本町潮岬2706−26
  • 地図:Googleマップで見る
  • 電話:0735-62-0810
  • 営業:8:30~16:30(年中無休)※12月~2月は8:30~16:00
  • 料金:大人300円
  • WEB:公式サイト

※記事更新時の情報になります

 

くしもと大橋

潮岬と紀伊大島をつなぐのが、1999年に開通した「くしもと大橋」になります。

くしもと大橋が開通するまでは、この区間は船での往来だったんですよね。

 

くしもと大橋は、以下の2つの橋から成り立つ国内でも珍しい橋になります。

  • アーチ橋(386m)
  • ループ橋(290m)

 

まさじろ
まさじろ

個人的には、くしもと大橋を車で走るだけで、すこぶる爽快な気分になれちゃいます!

 

アーチ橋

上記写真がアーチ橋になります。

太平洋に浮かんでるようで、とっても美しい橋なんですよ。

 

ループ橋

上記がループ橋を、車内から撮影した写真になります。

個人的には、このループ橋が空中回廊のようで、メチャクチャお気に入りのスポットです!

みか坊
みか坊

くしもと大橋の魅力を、写真で説明するのは限界があります。ぜひ、後述するYoutube動画でチェックして下さいね!

 

くしもと大橋には歩道もある

くしもと大橋には、アーチ橋・ループ橋の両方に歩道があります。

絶景をじっくりと楽しみたい方は、近くにある「ポケットパーク」に車を停めて、歩いて散策するといいですよ!

 

動画で確認

【空中回廊が最高!】くしもと大橋(串本町潮岬)の空に上っていくようなドライブ風景を、地元和歌山県民がシンプルに紹介するよ!

くしもと大橋のドライブ風景は、「おさんぽ和歌山Youtube版」でも詳しく紹介しています。

動画で確認すると、さらに理解しやすいですよ!

 

くしもと大橋の基本情報

くしもと大橋の基本情報は以下になります。

 

樫野埼灯台(紀伊大島の最大の見所)

串本町紀伊大島の東端にある、樫野埼灯台(かしのざきとうだい)。

こちらの灯台は、日本で最初の洋式石造りになります。

 

1869年(明治2年)3月着工で、翌年の6月10日点灯されました。

みか坊
みか坊

串本町では、潮岬灯台が超有名です。しかし、実は樫野埼灯台も、かなりオススメの灯台なんですよ!

 

日本の灯台の父

樫野埼灯台は、英国人である「リチャード・ヘンリー・ブラントン」が手がけた灯台ですね。

リチャードは、「日本の灯台の父」として知られています。

 

灯台の高さや光が届く距離

灯台の高さや光が届く距離は以下になります。

  • 光り方:群閃白光 毎20秒に2閃光
  • 光の強さ:44万カンデラ
  • 光の届く距離:約34km
  • 地上から灯台頂部の高さ:約15m
  • 水面から灯火の高さ:約47m

 

展望台に行ける

樫野埼灯台は、内部に入ることはできません。

しかし、上記写真の螺旋階段を使って、上階の展望台に行くことが可能です。

 

樫野埼灯台から見る太平洋

樫野埼灯台から見える景色の一部が、上記写真になります。

広大な太平洋を一望できるので、最高の気分です。

 

広大な空間がひろがる

駐車場から樫野埼灯台に向かって進むと、上記写真の場所に出ます。

ここが私の一番好きなポイントだったりします。

 

海・空・白亜の灯台、それに限りなく広い空間。

とにかく心地よい場所が、こちらなんです。

 

無料駐車場から樫野埼灯台の行き方

樫野埼灯台までは、駐車場から徒歩で約5分ぐらいになりますね。

ちなみに、途中にあるのがトルコ記念館になりますよ。

こちらは無料駐車場ですが、80台以上の駐車スペースがあります。

ですので、通常時は満車になることは、ほぼないと思いますよ!

 

動画で確認

【ようこそ太平洋!】樫野埼灯台(串本町紀伊大島)からの風景と行き方を、地元和歌山県民がシンプルに紹介するよ!

樫野埼灯台の風景と行き方は、「おさんぽ和歌山Youtube版」でも詳しく紹介しています。

動画で確認すると、さらに理解しやすいですよ!

 

樫野埼灯台の基本情報

樫野埼灯台の基本情報は以下になります。

 

トルコ記念館

串本町紀伊大島の東端にある、トルコ記念館。

エルトゥールル号に関する品々を展示しています。

 

エルトゥールル号とは?

1890年(明治23年)に、トルコの船である「エルトゥールル号」が帰国途中に、紀伊大島沖で遭難しました。

587名以上が亡くなる大惨事になりますが、紀伊大島の住民の献身的な救助のおかげで69名が助かります。

 

トルコ軍艦遭難慰霊碑

後年、上記写真の「トルコ軍艦遭難慰霊碑」が建立されます。

その後、、日本とトルコの友好の証として「トルコ記念館」が建設されました。

 

トルコ人に親日家が多いのは、このエルトゥールル号の物語が関係していると聞いたことがあります。

みか坊
みか坊

なんでも、トルコの教科書には、このエルトゥールル号の物語が書かれてるんだそうです。

 

トルコ人のお店もある

トルコ記念館の近くには、トルコの方が経営するお店が数店あります。

 

トルコ記念館の基本情報

トルコ記念館の基本情報は以下になります。

  • 名称:トルコ記念館
  • 住所:和歌山県東牟婁郡串本町樫野1025-26
  • 地図:Googleマップで見る
  • 電話:0735-65-0628
  • 時間:9:00~17:00(年中無休)
  • 料金:大人500円・小中高生250円
  • WEB:公式サイト

※記事更新時の情報になります

 

南紀熊野ジオパークセンター

南紀熊野ジオパークの情報発信などの拠点となるのが、南紀熊野ジオパークセンターです。

こちらのセンターでは、紀伊半島の成り立ちなどを学ぶことができます。

 

エントランス

2019年にオーブンした、まだまだ新しい施設になります。

ですので、エントランスも、こんなに美しいです(笑)

 

スタッフの方が親切

センター内に入ると、スタッフの方がやってきて色々と解説してくれます。

大人も子供も一緒に楽しめるのが、こちらの特徴ですね。

 

見るだけじゃなく触って体感

こういった施設は、「見るだけ」なのが一般的です。

しかし、南紀熊野ジオパークセンターは、触って体感できるのも魅力の1つですね。

 

聞き入ってしまう(笑)

説明係のスタッフの方が、熱心に話して下さります。

なので、こちらもついつい聞き入ってしまいました(笑)

 

最新機器が投入されている

お話に聞き入ってしまう理由の1つに、「最新機器が使われている」があります。

上記写真は、フロアに映る川の映像ですが、近くで見ると本物の川のように見えるんです。

 

子供は平気でこの上を歩きますが、年配の方の中にはコチラを避けて通る人がいるほどリアルです。

こういった最新機器での説明は、とっても楽しいんです。

 

動画で確認!

【楽しく体験!】南紀熊野ジオパークセンター(串本町潮岬)を、地元和歌山県民がシンプルに紹介するよ!

南紀熊野ジオパークセンターは、「おさんぽ和歌山Youtube版」でも詳しく紹介しています。

動画で確認すると、さらに理解しやすいですよ!

 

南紀熊野ジオパークセンターの基本情報

南紀熊野ジオパークセンターの基本情報は以下になります。

  • 名称:南紀熊野ジオパークセンター
  • 住所:和歌山県東牟婁郡串本町潮岬2838−3
  • 地図:Googleマップで見る
  • 時間:9:00~17:00
  • 休日:年末年始
  • 料金:無料
  • WEB:公式サイト

※記事更新時の情報になります

 

こんな素敵な施設が、なんと無料で楽しめるんです。

ちかくまで、来たら絶対に寄らないとモッタイナイですよ(笑)

 

海金剛(21世紀に残したい日本の自然100選)

紀伊大島の東に見える絶景が、「海金剛(うみこんごう)」ですね。

絶壁の下には、大小様々な岩が突き出しています。

 

おだやかな海というよりも、荒々しさを感じる風景が素晴らしいし場所ですね。

みか坊
みか坊

海金剛の魅力を、写真で説明するのは限界があります。ぜひ、後述するYoutube動画でチェックして下さいね!

 

ピラミッド型の巨岩:髪とき島

海金剛の中でもひときわ目立つのが、写真の左下にあるピラミッド型の巨岩になります。

この巨岩は、この地に残る伝説から「髪とき島」と呼ばれています。

 

21世紀に残したい日本の自然100選

そんな海金剛は、森林文化協会の「21世紀に残したい日本の自然100選」にも選ばれています。

巨岩、奇岩。海水の浸食で長い間に形成された自然の造形美

出典元:「日本の自然100選」森林文化協会

 

海金剛の行き方アクセス

海金剛は、日米修交記念館の奥になります。

上記写真を奥を道なりに進むと2分~3分ぐらいで、絶景ポイントに到着します。

木々に囲まれているので、絶景ポイントまでの道中も楽しいです。

ちなみに、歩道は整備されていますよ。

 

動画で確認

【超穴場スポット】絶景・海金剛(串本町紀伊大島)からの風景と行き方を、地元和歌山県民がシンプルに紹介するよ!「21世紀に残したい日本の自然100選」

海金剛の風景と行き方は、「おさんぽ和歌山Youtube版」でも詳しく紹介しています。

動画で確認すると、さらに理解しやすいですよ!

 

海金剛の基本情報

海金剛が見えるポイントの基本情報は以下になります。

 

串本町(潮岬・紀伊大島)の観光地図

  1. 橋杭岩
  2. 串本海中公園
  3. 潮岬灯台
  4. 本州最南端の碑
  5. 潮岬観光タワー
  6. くしもと大橋
  7. 樫野埼灯台
  8. トルコ記念館
  9. 南紀熊野ジオパークセンター
  10. 海金剛

 

コメント

カテゴリー