【宿泊記】龍神温泉・季楽里龍神(和歌山)の魅力5選!温泉は超極上

和歌山県龍神村にある、温泉ホテルが「龍神温泉・季楽里龍神(きらりりゅうじん)」になります。

山深いエリアにある、日高川のほとりに建つ静かな温泉ホテルですね。

 

龍神温泉は、日本三美人の湯の1つなので「温泉の泉質が超極上」が特徴です。

ちなみに、その他は川中温泉(群馬県)と湯の川温泉(島根県)ですよ。

季楽里龍神の最大の魅力は、龍神温泉のお湯を「存分に堪能できること」になりますね。

龍神温泉は、肌がスベスベになるので美肌自慢の湯と言われることもありますよ。

 

最初に、龍神温泉・季楽里龍神の「基本情報・料金・宿泊プラン・口コミ」をチェックしたい方は以下をタップ!

>>【公式】じゃらん

>>【公式】楽天トラベル

 

今回は、季楽里龍神の「魅力・客室・施設・食事・アクセス」をシンプルに解説しますね。

それでは、「季楽里龍神の5つの魅力」から確認していきましょう!

 

まさじろ
まさじろ

和歌山県の出身で在住の「まさじろ」が、この記事を書いています。龍神温泉を訪れた回数は50回を超えるので、安心して読みすすめて下さいね!

 

【まさじろ・保有資格など】

  • インターネット旅行情報士検定2級
  • 和歌山歴史物語スタンプラリー100・完全踏破

 

龍神温泉・季楽里龍神の5つの魅力

龍神温泉・季楽里龍神の魅力が以下になります。

  • 龍神温泉の極上の湯
  • 木のぬくもりを感じる館内
  • 静かなロケーション
  • 龍神の大自然
  • 浴衣でのんびり

 

龍神温泉の極上の湯

季楽里龍神の最大の魅力が、「龍神温泉の極上の湯」になります。

私が初めて龍神温泉に来たとき、お湯がスベスベするので感動したのを今でも覚えています。

 

季楽里龍神の温泉には、内湯と露天風呂があります。

内湯はコチラですね。

出典元:「温泉」季楽里龍神

撮影禁止なので、公式サイトの写真を紹介しますね。

清潔感が溢れるので、のんびりと極上の湯を楽しめます。

 

ただし、季楽里龍神で超おすすめなのが、コチラの露天風呂になります。

出典元:「ブログ」季楽里龍神

季楽里龍神の露天風呂は、極上のお湯を楽しめる上に「景色も素晴らしいから」ですね。

まさじろ
まさじろ

私が宿泊した日は雨が降ってたので、露天風呂の景色に情緒が追加されて最高の雰囲気でしたよ。

 

木のぬくもりを感じる館内

季楽里龍神の内装には、「温かみのある木」がふんだんに使われています。

木のぬくもりを感じられるので、精神的にリラックスできるんですよね。

季楽里龍神のロビーの天井には、地元龍神の木材が使われています。

大きな梁の模様は、龍をイメージしたんだそうですよ。

 

静かなロケーション

季楽里龍神の周囲は何もないので、とっても静かなロケーションになります。

静かな環境で、ただひたすら極上のお湯を楽しむことができます。

 

龍神の大自然

龍神村は和歌山県の中でも、かなり山奥に位置します。

ですので、大自然がまだまだ残ってるエリアなんですよね。

清流がながれ、山々は美しく、最高の自然を満喫できるエリアなんです。

日頃の忙しさから、切り離してくれるのが龍神村なんです。

 

浴衣でのんびり

最近のホテルでは、浴衣での行動は制限されがちです。

しかし、季楽里龍神のレストランでは、浴衣を着ていくことが可能です。

 

せっかくのホテルなので、浴衣でのんびりと過ごせるのは嬉しいですよね。

みか坊
みか坊

浴衣で行動できると、まったり感があるので好きです。さらには、温泉気分も高まりますよね!

 

客室をチェック!

本館洋室ツイン

今回、私が宿泊したのは、「本館洋室ツイン 」になります。

大きめのベッドが2つあって、お隣にはテーブルとイス、さらには簡易キッチンがあるお部屋でした。

 

ベッド

ベッドカバーが、青と白を基調としてるので清潔感がありますよね。

 

テーブルとイス

ベッドの横には、テーブルとイスがありました。

イスに座りながら、窓からの景色を堪能できるのが素敵です。

 

簡易キッチン

湯治や長期滞在をする方のために、簡易キッチンがありました。

まさじろ
まさじろ

ホテルの部屋の雰囲気やアメニティついては、後述するYoutube動画で詳しく紹介しています!

 

龍神温泉・季楽里龍神の館内施設をチェック!

フロント

季楽里龍神の玄関を入ると、右手にあるがフロントですね。

 

ロビー

フロントを奥に進むと、開放感のあるロビーがあります。

ロビーの窓が広いので、龍神の自然を満喫できます。

 

みか坊
みか坊

内風呂や露天風呂を楽しんだ後の休憩で、ロビーのイスでまったりするのが好きでしたね。

 

お土産屋さん

ロビーのお隣には、お土産屋さんがありました。

和歌山の有名なお土産が、販売されていましたよ。

 

カフェコーナー

ロビーには、カフェコーナーもありました。

 

マッサージ機(無料)

お風呂の出入り口の近くに、無料マッサージ機のコーナーがあります。

お風呂からあがる度に、マッサージを堪能させていただきました。

 

まさじろ
まさじろ

私は無類のマッサージ好きなので、こういうサービスは嬉しかったですね(笑)

 

夕食と朝食

夕食:レストラン

夕食は、ホテル1階にあるレストランで「熊野牛陶板焼き+バイキングプラン」を頂きました。

バイキングだと、好きなものを食べられるのでいいですよね。

バイキングに、マグロ等のお刺身があったのに驚きました。

とっても美味しかったですよ。

 

熊野牛陶板焼き

一番美味しかったのは、「熊野牛陶板焼き」ですね。

熊野牛って、メチャクチャ美味しいんです。

それを、こんな感じで焼きたてでいただけます。

好きなタイミングで焼けるのが嬉しいですね。

 

朝食:レストラン

朝食もバイキングでした。

 

龍神温泉・季楽里龍神を動画でチェック!

【宿泊記】龍神温泉・季楽里龍神(和歌山県龍神村)に泊まってきたよ!日本三美人の湯は、お肌スベスベの極上湯でした。

龍神温泉・季楽里龍神については、「おさんぽ和歌山Youtube版」でも詳しく紹介しています。

動画で確認すると、さらに理解しやすいですよ!

 

2つのアクセス方法と駐車場

龍神温泉・季楽里龍神への主なアクセスには以下があります。

  • 車+駐車場
  • 電車+バス

 

車でのアクセス+駐車場

大阪・和歌山市方面からの、最寄りICは「有田IC or 紀伊田辺IC」になります。

ちなみに、私が毎回使うのは有田ICですね。

 

その理由は、有田IC→季楽里龍神までのルートは「ドライブに最適」だからです。

道中も楽しめるのが、龍神温泉なんですよね。

 

到着したら、季楽里龍神に隣接する駐車場に止めましょう。

  • 料金:無料
  • 台数:58台

 

電車+無料送迎バス

電車でアクセスする方は、「JR紀伊田辺駅」まで来て下さい。

JR紀伊田辺駅→季楽里龍神までは、バスが出ています。

 

龍神温泉・季楽里龍神の基本情報

季楽里龍神の基本情報は以下になります。

  • 名称:龍神温泉・季楽里龍神
  • 住所:和歌山県田辺市龍神村龍神189
  • 駐車:無料駐車場あり
  • 部屋:57室
  • 風呂:内湯あり・露天風呂あり

 

みか坊
みか坊

それでは次は、あなたがいつも使っている旅行サイトで「もっと詳しい情報」を確認して下さいね!

龍神温泉・季楽里龍神の「基本情報・料金・宿泊プラン・口コミ」は以下をタップ!

>>【公式】じゃらん

>>【公式】楽天トラベル

 

コメント

カテゴリー