【宿泊記】紀州・白浜温泉むさし(南紀)の魅力5選!天空風呂が最高

和歌山県白浜町にある、高級和風旅館が「紀州・白浜温泉むさし」になります。

南紀白浜で随一の、木の香りが漂う本格的な高級和風旅館ですね。

 

有名観光地である白良浜まで徒歩1分なので、太平洋を見下ろせるホテルとしても知られています。

部屋の窓が大きいので、開けると全面に美しい海が広がります。

紀州・白浜温泉むさしの最大の魅力は、上記写真の「展望露天風呂・天空(和邸宿泊者専用)」ですね。

地上17階の屋上に露天風呂があって、そこから圧巻の景色が臨めるからです、超最高ですよ!

 

最初に、紀州・白浜温泉むさしの「基本情報・料金・宿泊プラン・口コミ」をチェックしたい方は以下をタップ!

>>【公式】じゃらん

>>【公式】楽天トラベル

 

今回は、紀州・白浜温泉むさしの「魅力・展望露天風呂・部屋の窓からの絶景・和邸と葵館の違い・客室・施設・食事・アクセス」をシンプルに解説しますね。

それでは、「紀州・白浜温泉むさしの5つの魅力」から確認していきましょう!

 

まさじろ
まさじろ

和歌山県の出身で在住の「まさじろ」が、この記事を書いています。白浜町を訪れた回数は軽く100回を超えるので、安心して読みすすめて下さいね!

 

【まさじろ・保有資格など】

  • インターネット旅行情報士検定2級
  • 和歌山歴史物語スタンプラリー100・完全踏破

 

紀州・白浜温泉むさし(和歌山県南紀白浜)の5つの魅力

紀州・白浜温泉むさし(和歌山県南紀白浜)の魅力が以下になります。

  • 展望露天風呂・天空
  • 部屋の窓からの絶景
  • 館内の高級感
  • 白良浜まで徒歩1分
  • 円月島まで徒歩3分

 

展望露天風呂・天空

紀州・白浜温泉むさしの最大の魅力は、「展望露天風呂・天空」になりますね。

天空に入りたいだけで、紀州・白浜温泉むさしを訪れる人がいるというのも納得のロケーションです。

 

見渡す限り、南紀白浜の「コバルトブルーの海」が広がります。

広大な太平洋に、白良浜や円月島が見えます。

 

みか坊
みか坊

展望露天風呂・天空については、次章で詳しく紹介しますね!

 

部屋の窓からの絶景

紀州・白浜温泉むさしの部屋は窓が大きいので、「大パノラマで白浜の海を堪能」することができます。

障子を開けると窓があり、窓を開けるとそこには絶景が広がります。

朝・夕方・夜で、「窓からの風景が一変」するのも魅力的なんですよね。

部屋にあるイスに座りながら、ずっと外の景色を見てられますよ(笑)

 

まさじろ
まさじろ

部屋の窓からの絶景については、次々章で詳しく紹介しますね!

 

館内の高級感

紀州・白浜温泉むさしは、館内に高級感が溢れています。

上記は、2階からロビーを撮影した写真になります。

 

入り口からロビーを進むと、目にするのがコチラ。

館内に、小庭と流水があります。

開放感のある吹き抜け・竹と照明が、まさに和風高級旅館ですね。

そんな高級感が溢れるのには、実は理由があります。

館内やお部屋にあるお花。すべて生け花を添えています。日本の和に、四季の花々としつらいを合わせ、日本情緒を色濃く残すよう、心掛けています。

出典元:「館内」むさし

 

さらには上記写真のように、館内の至る所に高級感が散りばめられています。

 

白良浜まで徒歩1分

南紀白浜の有名観光地である、「白良浜(しららはま)まで徒歩1分」なのも嬉しいですね。

海水浴を楽しむ方には当然ありがたいですが、これだけ近いとフラっと散歩に行くのも丁度いいんです。

白良浜の特徴は、白い砂と青い海のコントラストが美しいことです。

この光景を見てるだけでも、心が落ち着きます。

ちなみに、私が白良浜で好きなのが、上記写真の「松の木」ですね。

南国ビーチリゾートと言うと、ヤシの木なんかが定番ですもんね。

 

まさじろ
まさじろ

いかにも日本的なところが好きですね。海外のビーチで、松の木は見たことがないもんで(笑)

 

円月島まで徒歩3分

徒歩3分の場所から見えるのが、南紀白浜の有名観光地「円月島(えんげつとう)」ですね。

岩の真ん中にポッカリと空いた穴に、夕日が入ると神秘的な光景になる場所ですね。

夕日を入れようとすると、天候・時期・時間などの色々な条件が必要になります。

おすすめは、下記写真のように「灯台をいれての撮影」になりますね。

灯台だと、かなりの高確率で撮影することが可能だからですね。

みか坊
みか坊

紀州・白浜温泉むさしから円月島に向かって歩いて、絶妙のポイントを探してみて下さいね!

 

展望露天風呂・天空は超最高!

紀州・白浜温泉むさし:葵館17F

エレベーターに乗って、「葵館17Fで降りた景色」が上記になります。

ここが展望露天風呂・天空の入り口になるんですよね。

 

履いてきた靴やスリッパを、写真右手の靴箱にいれてください。

スタッフの方が常駐しているので、タオルなんかも貸してくれますよ。

 

休憩場所

入り口から奥に進むと、休憩場所があります。

イスが置いてるので、のんびりと休憩することができます。

 

ただし、ここは男女共通の場所なので「服を着ての休憩場所」になりますね。

では、さらに奥に進んでいきましょう。

 

展望露天風呂・天空には「波と茜」がある

展望露天風呂・天空には、「波と茜」があります。

男女を分ける暖簾があるので、それぞれの場所に向かいましょう。

 

ちなみに、上記写真は夕方に撮影しました。

翌朝は、男女の展望露天風呂が入れ替わってましたよ。

 

みか坊
みか坊

朝と夕方に展望露天風呂に入ることで、「波と茜のどちらも楽しめる」ってことですね!

 

脱衣所

暖簾をくぐって、少し進むと「脱衣所(上記写真)」があります。

無料の飲料水マシーンもあるので、喉が渇いても問題ありません。

 

展望露天風呂・天空

地上17Fの露天風呂は、まさに天空にふさわしいです。

露天風呂は最高、景色は超最高の、まさに天国気分を味わえました。

 

チェアでまったり

露天風呂のお隣には、チェアがあります。

お風呂で温まった身体を少し冷まして、またお風呂を楽しめるのが嬉しかったですね。

 

海が重なり合う

さらには、チェアから見る景色も素晴らしいんです。

お風呂と海が重なり合う風景は、いつまでも眺めてられます。

 

まさじろ
まさじろ

展望露天風呂・天空は、超絶におすすめです。このお風呂に入るだけでも、紀州・白浜温泉むさしに宿泊する価値がありますよ!

 

部屋の窓からの絶景:朝・夕方・夜

紀州・白浜温泉むさしは、部屋の窓から絶景が見えることも大きな魅力なんです。

今回泊まったお部屋だと、大きな窓が2つありましたよ。

 

朝の風景

朝の風景がこんな感じになります。

白くて有名な白良浜の砂が、さらに際立って映えますよね。

 

みか坊
みか坊

これぞ南国ビーチリゾート感がたまりません。

 

夕方の風景

夕方の風景がこんな感じになります。

空に夕焼けが広がるのが、とっても美しかったですよ。

 

夜の風景

夕方の風景がこんな感じになります。

白良浜周辺には南紀白浜の有名ホテルが集まっているので、とっても美しい夜景を見ることができます。

 

ちなみにですが、白良浜からの夜景を撮影するとこんな感じになります。

上記写真で一番高い建物が、紀州・白浜温泉むさしですね。

最上階にあるのが、さきほどの展望露天風呂・天空ですよ。

 

和邸と葵館の違い

紀州・白浜温泉むさしを調べていると、少しわかりにくいのが「和邸と葵館の違い」になります。

和邸と葵館という、「2つの建物があるんだろうな?」と思ってる方が多いんですよね。

 

結論から言うと、葵館の高層階が「和邸(なぎてい)」になります。

ちょっと分かりにくいと思うので、紀州・白浜温泉むさしの館内地図で確認してみましょう。

 

紀州・白浜温泉むさしの館内地図

上記写真が、紀州・白浜温泉むさしの館内地図になります。

一番高い建物が、葵館になりますよ。

 

その葵館の、「14F~17Fが和邸」になりますね。

和邸を分けているのは、当然ですが理由があります。

 

展望露天風呂・天空は和邸宿泊者専用

 

その理由は、展望露天風呂・天空が「和邸宿泊者専用だから」ですね。

つまりは、展望露天風呂・天空に入りたい方は、和邸フロアに宿泊しないといけないんです。

 

客室をチェック!

和邸・白良浜ビュー和室ツイン+ダイニング

今回、私が宿泊したのは、「和邸・白良浜ビュー和室ツイン+ダイニング」になります。

ベッドルームが1つ、ダイニングが1つ、後はお風呂とトイレがあるお部屋でしたね。

 

ベッドルーム

ベッドルームには、大きめのベッドが2つあります。

枕も2つずつあるので、硬さを選ぶことができました。

 

ダイニング

ダイニングには、テーブルとイスがありました。

イスに座りながら、窓からの景色を堪能できるのが素敵です。

 

お風呂とトイレ

お風呂とトイレは、ダイニングとは別のスペースにありました。

生活空間が分けられているのが嬉しかったですね。

 

館内施設をチェック!

玄関

紀州・白浜温泉むさしの玄関(上記写真)を入ると、右手にフロントがあります。

フロントの奥に、落ち着いたロビーがあります。

 

色ゆかたの貸し出し

フロントのお隣では、色浴衣の貸し出しも行っていました(宿泊プランにより無料)。

とっても可愛い色浴衣なので、女性は大喜びです。

 

お土産屋さん

ロビーを奥に進むと、お土産屋さんがありました。

和歌山の有名なお土産が、販売されていましたよ。

 

レストラン

レストランは、ホテル内に数店舗ありました。

どこも綺麗で清潔な感じがしましたよ。

 

大浴場

大浴場・中浴場・露天風呂もあります。

一般的な宿泊者の方は、こちらのお風呂を使います。

 

お風呂が大きいので、のんびりと入ることができます。

まさじろ
まさじろ

流石に天空には負けますが、こちらの露天風呂も気持ちよかったですよ!

 

夕食と朝食

夕食:お部屋でゆっくり会席弁当

夕食は、「お部屋でゆっくり会席弁当」をいただきました。

会席弁当は以下になります。

  • 口取り:細巻磯辺、鯛紅葉焼など
  • 造里 :季節の割鮮二種盛など
  • 焚合 :綱打冬瓜そぼろあん掛けなど
  • 天婦羅:海鮮綱春巻、たらの芽天婦羅など
  • 酢物 :鰆叩き、蟹水車巻など
  • 盛込 :夏野菜の和合物など
  • 食事 :白飯

 

ご飯とお味噌汁が別についてたので、大満足の食事になりました。

実は、大満足の食事になったのは、もう1つの理由があります。

 

景色が追加

白浜の美しい海を見ながらなので、食事がことさら美味しかったからですね。

さらには、お部屋で食べられるのも高ポイントでした。

 

まさじろ
まさじろ

のんびりゆっくりと、気兼ねなく食事を楽しむことができましたよ。

 

朝食:客室にて朝食弁当

朝食も、上記とは別にご飯とお味噌汁がついてきました。

夕食と同様に、朝の絶景を見ながらの食事は最高でしたよ!

 

2つのアクセス方法と駐車場

紀州・白浜温泉むさしへの主なアクセスには以下があります。

  • 車+駐車場
  • 電車+無料シャトルバスor明光バスorタクシー

 

車でのアクセス+駐車場

大阪・和歌山市方面からの、最寄りICは「上富田IC」になります。

ちなみに、紀州・白浜温泉むさしでは、1つ手前のICである「紀伊田辺IC」をおすすめしてますね。

 

上富田ICを利用した場合は、少し戻らないといけないからだと思います。

到着してホテルの玄関に車をつけると、スタッフの方が駐車場を案内してくれます。

  • 料金:無料
  • 台数:220台

 

電車+無料シャトルバスor明光バスorタクシー

電車でアクセスする方は、「JR白浜駅(上記写真)」まで来て下さい。

JR白浜駅から紀州・白浜温泉むさしへのバスには以下があります。

  • 無料シャトルバス
  • 明光バス
  • タクシー

 

無料シャトルバス

時間があうなら、無料シャトルバスがオススメですね。

紀州・白浜温泉むさしで降ろしてくれるので、とっても便利です。

 

明光バス

有料になりますが、明光バスもあります。

紀州・白浜温泉むさしのお隣にある、白浜バスセンターで降ろしてくれます。

 

タクシー

複数人の方や時間のない方におすすめなのが、タクシーですね。

JR白浜駅→白良浜まで、概算で1,660円になります。

 

みか坊
みか坊

個人的には、バスを待つ時間よりも、紀州・白浜温泉むさしで楽しむ時間を優先したほうが、結局はお得だと思いますよ!

 

紀州・白浜温泉むさしの基本情報

紀州・白浜温泉むさしの基本情報は以下になります。

  • 名称:紀州・白浜温泉むさし
  • 住所:和歌山県西牟婁郡白浜町868
  • 駐車:無料駐車場あり
  • 部屋:148室
  • 風呂:内湯あり・露天風呂あり

 

みか坊
みか坊

それでは次は、あなたがいつも使っている旅行サイトで「もっと詳しい情報」を確認して下さいね!

最初に、紀州・白浜温泉むさしの「基本情報・料金・宿泊プラン・口コミ」をチェックしたい方は以下をタップ!

>>【公式】じゃらん

>>【公式】楽天トラベル

 

コメント

カテゴリー