グループホームの入所条件とは?介護度と認知症も関係してくるよ

グループホーム

今回の記事は、

  • グループホームとは?
  • 入居条件

について、現役ケアマネジャーの私が解説します。

 

よちる
よちる

認知症の方を対象とした介護サービスが、「グループホーム」になりますよ!

 

グループホームとは?

グループホームとは、「認知症対応型共同生活介護」になります。

シンプルに言うと、認知症の利用者を対象にした専門的なケアを提供するサービスです。

 

認知症の高齢者の特徴は、

  • 新しい環境に慣れるのが得意でなかったり
  • 新しいことを覚えることが難しい

ことがあげられます。

 

少人数

大型の介護施設だと、利用者数が「50人~100人」と大人数になります。

現場のスタッフも日によって変わるので、認知症の方は落ち着かなく「症状も進行」するかもしれません。

 

グループホームでは入居者さんは「5人~9人」と少人数で、職員も毎日同じようなメンバーです。

よちる
よちる

同じようなメンバーで生活していくと、名前は分からないけど「この人は見たことがある」という安心感が出てきます。

 

申込み

グループホームへの申込みは、希望しているグループホームに直接出向いて下さい。

初日は、必要書類を入手して持ち帰ります。

 

その後、住民票や健康診断等の「必要書類を提出」します。

日程を調整して、グループホームの職員が利用者さんの状況を確認にきます。

 

まさじろ
まさじろ

本人さんの状況や、介護度、経済的なことまでを総合的に判断をして「入居の判定」が行われます。

 

認知症の方を自宅で介護するのは大変

自宅で介護をされていて、かかりつけの先生から「認知症」と診断された時。

認知症の症状を目の当たりにした方は、「これからどうしたらいいんだろう?」と、不安になると思います。

 

認知症というとどうしても、「徘徊・暴力行為・物取られ妄想」などの状態が想像されます。

家で介護するとしても、ずっと付きっきりになるのは難しいですよね。

 

認知症とは?

認知症とは、「記憶・判断・認識」が難しくなっている状態を言います。

認知症の中で一番多いのが、アルツハイマー型認知症になります。

 

よちる
よちる

脳の神経細胞が徐々に減っていく病気で、MRI画像や認知症の判定助ケール等を用いて診断されます。

 

グループホームの入居条件

 

それでは次に、グループホームの入居条件を確認しましょう。

 

認知症の方

グループホームは認知症の方を対象としているので、お医者さんによる「認知症の診断」が条件になります。

入居する前に診断書などで認知症があるか確認されます。

 

グループホームと同じ市町村に住所がある方

グループホームは地域密着型サービスと言われ、「地域に密着」した小規模の施設となっています。

なので、入居を希望するグループホームと「同じ市町村に住民票」が条件になります。

 

要支援2以上の方

グループホームは65歳以上で、「要支援2~要介護5の認定」を受けていることが条件になります。

要支援1の方は対象になっていませんので注意が必要です。

 

その他

グループホームは、「5人~9人の共同生活」になります。

ですので、「集団生活に順応できる」等の条件が施設ごとに設定されています。

 

よちる
よちる

グループホームは少人数で落ち着いて生活できるので人気です。入所条件などを考慮しながら検討してみてくださいね!