タイへの飛行時間!バンコク・プーケット等に分けて専門家が解説!

タイ旅行

「日本からタイへの飛行時間はどれくらいですか?」との質問をいただくことがります。

しかし、実はこの質問は、とっても答えづらいんです。

 

日頃は意識することは少ないですが、日本って意外に国土が広いんです。

例えば、北海道・新千歳空港と沖縄・那覇空港を比べると、「約2時間半も飛行時間が異なる」からですね。

結論から言うと、日本からタイへの飛行時間は以下によって異なります。

  • 日本国内のどの空港を使う?
  • タイのどこに行くの?

 

さらに言えば、日本とタイで直行便があるのは、首都のバンコクだけになります。

プーケット・チェンマイに行くには、「バンコクを経由する必要」があるんですよね(詳しくは後述)。

 

まさじろ
まさじろ

この記事は、タイの専門家である「まさじろ」が書いています。タイ歴は25年以上になるので、安心して読み進めて下さいね!

 

【まさじろ・保有資格】

  • タイ国政府観光庁公認タイランドスペシャリスト
  • インターネット旅行情報士

 

日本からタイの首都「バンコク」までの飛行時間

日本からタイのバンコクまでの、飛行時間(直行便)は以下になります。

  • 新千歳空港:7時間
  • 成田空港 :6時間30分
  • 羽田空港 :6時間30分
  • 関西空港 :6時間
  • 中部空港 :6時間
  • 福岡空港 :5時間30分
  • 那覇空港 :4時間30分

※航空会社によって多少の変動あり

 

ガネーシャ
ガネーシャ

「日本からタイのバンコクまでの飛行時間(直行便)」は、基本的にはこんな感じになりますね。

 

日本からプーケットやチェンマイまでの飛行時間

前述したように、日本→タイで直行便があるのは「バンコクだけ」になります。

タイでバンコクの次に有名なプーケットですら、日本からの直行便は飛んでないのが現状です。

 

なので、「プーケットやチェンマイ」までの飛行時間は以下を合算します。

  • 日本からバンコクまでの飛行時間
  • バンコクでの乗り換え時間
  • バンコクからプーケットまでの飛行時間

 

まさじろ
まさじろ

これだけでは、チョットわかりにくいと思います。次章で、具体的に確認してみましょう!

 

日本からプーケットやチェンマイまでの飛行時間

成田空港からプーケットへの飛行時間を例にして、具体的に計算してみましょう。

前述したように、成田空港からバンコクまでの飛行時間は「6時間30分」でしたよね。

 

バンコクの空港に当着

バンコクの空港に到着したら、次はプーケット行きの飛行機に乗り換えます。

個人差はありますが、バンコクでの乗り換え時間は「1時間30分を目安」にするといいと思います。

 

バンコクの空港からプーケットの空港までの飛行時間は「1時間30分」が平均になりますね。

まさじろ
まさじろ

ちなみに、バンコクの空港から→チェンマイの空港までの飛行時間も「1時間30分」になりますよ。

 

日本からプーケット・チェンマイまでの飛行時間

日本からプーケット・チェンマイまでの飛行時間は、以下のようになります。

  • 6時間30分:成田→バンコク空港
  • 1時間30分:バンコク乗り換え
  • 1時間30分:バンコク→プーケット・チェンマイ

 

タイ象さん
タイ象さん

総計すると、日本からプーケット・チェンマイまでの飛行時間は「9時間30分」になりますね。

 

タイへのフライトを探すときに不思議に感じること

最後に、日本とタイの往復航空券を探しているときに「不思議に感じること」を紹介します。

上記の、成田空港とスワンナプーム国際空港のフライトスケジュールを見て下さい。

 

成田空港を12:00に出発した飛行機は、スワンナプーム国際空港に16:30に到着します。

ここで多くの人が、とっても不思議な疑問を抱きます。

 

パンダ一郎
パンダ一郎

12:00出発で16:30に到着するなら、「タイへの飛行時間は4時間30分じゃないの?」とね。

 

どちらも現地時間

数学的に計算すると、タイへの飛行時間は「4時間30分」になりますもんね。

ですので、あなたの計算は間違ってはいません。

 

しかし、実はこの記載は間違ってないんです。

上記の図で確認してみましょう!

 

つまりは、こんな感じで「どちらも現地時間」を書いていただけなんです。

まさじろ
まさじろ

日本とタイの間には2時間の時差があるので、少々ややこしくなっちゃうんですよね(笑)