お酒を飲み過ぎない方法!対策は2度とお酒が飲めない私を参考にして

アルコール依存症

 

今回の記事は、

  • お酒を飲み過ぎない方法
  • 飲み過ぎ対策

について、断酒歴9年の私が解説します。

 

まさじろ
まさじろ

飲み過ぎには注意しないと、「今後のお酒人生」が短く終わる可能性がありますよ!

 

お酒を飲み過ぎない方法

お酒を飲み過ぎない方法で、一番効果があるのは

「2度と飲めなくなるかも?」

を知ることになります。

 

人は、突然「アルコール依存症」になるのではありません。

 

ノンアルくん
ノンアルくん

飲み過ぎて、飲み過ぎて、ふと気付いた時に「人はアルコール依存症」になってるんですよね(笑)

 

飲み過ぎに注意しないと2度と飲めなくなる

私はアルコール依存症者で、お酒を断って9年になります。

ですので、私は「もう2度とお酒は飲めない」んですよ(笑)

 

お酒の飲み過ぎは注意しないと、飲酒人生が短くなるよ!と、先日あった飲み会で仲の良い友人に話しました。

 

すると、

みか坊
みか坊

「また、適当なことを言ってる!」

と、お酒の飲み方に問題がある友人にお叱りを受けました(笑)

 

飲めなくなると思うと怖いよね

 

お酒の飲み方に問題のある人ほど、お酒が飲めなくなるのは怖いものですよね。

しかし、これは適当な話しじゃないんです。

 

飲み過ぎるってのは、「お酒のコントロール」ができなくなる最初の一歩なんです。

だから、ヤバイんです!

アルコール依存症:コントロール障害

アルコール依存症は、「コントロール障害」として紹介されることもあります。

 

つまりは、

「飲酒をコントロールできない状態」

にあるのがアルコール依存症者なんですよね。

 

世の中には様々な依存症があります。

しかし、突き詰めれば「その多くが物事のコントロールを失う病」なんですよね。

 

まさじろ
まさじろ

お酒で例えると「飲みたくもないのに、今日も飲んでしまった」って感じですかね。

 

飲み過ぎ対策

 

それでは次に、具体的な「飲み過ぎ対策」を見ていきましょう。

 

今の私から、昔の私へのアドバイス

アルコール依存症である現在の私が、

「当時の私に飲み過ぎ対策のアドバイス」

をするなら以下の2点を強くいいますね。

 

  • 1日のお酒の適量を知ること
  • 休肝日の必要性

この2つを意識するだけで、今後も楽しいお酒ライフを送ることができますよ!

 

1日のお酒の適量を知ること

飲み過ぎ対策のアドバイスの1つ目が、「1日のお酒の適量を知ること」になります。

お酒の適量を知るには、厚生労働省の「健康日本21」が最適です。

 

健康日本21では、節度ある適度な飲酒は

「1日平均純アルコールにして約20g程度である」

と書いています。

 

純アルコール約20gの例をだすと、「ロングの缶ビール1本分」になりますね。

 

飲み過ぎを防ぐためには休肝日

飲み過ぎ対策のアドバイスの2つ目が、「休肝日」になります。

 

休肝日を設けたいんだけどねえ。ついつい毎晩飲んじゃうね

飲み過ぎが気になる方には、こういう人が多いです。

 

これねえ、アルコール依存症の私から言わせてもらうと「けっこうヤバイ」です。

 

休肝日がない人は、「肝臓を休める暇がない」というのは多くの方が知ってると思います。

しかし、問題はそれだけではありません。

 

飲んでしまうと言う、「自分でお酒をコントロールできてない」のがよろしくないんですよね。

 

2度と飲めないと切実に感じられたら、「今日は控えておこうかな!」となりますよね。

まさじろ
まさじろ

飲み過ぎてると思う方は、「ご自分の飲酒生活」を振り返ってみることを強くオススメしますよ!