デイサービスの管理者の資格や「一日の流れ」について解説します!

デイサービス
デイサービス

デイサービスには「管理者がいる」と聞いたことがありますか?

管理者はデイサービスの事業所には必ず1人はいないといけない職種の一つなんです。

 

字のごとく管理することが主な業務ですが、それだけではなくいろいろな業務もしています。

実は、管理者の考え方や人柄で「デイサービスの雰囲気」が決まってしまうほど重要な職種ですよ。

 

よちる
よちる

今回は、デイサービスの管理者の「資格や一日の仕事の流れ」について、ケアマネの私が解説しますね!

 

デイサービスの管理者になるための資格

実は、デイサービスの管理者になるのに資格は必要ありません。

しかし、私の経験上では以下の職種の方が、デイサービスの管理者をしている傾向が高いように思います。

  • 介護福祉士
  • 社会福祉士
  • 社会福祉士任用資格
  • ケアマネジャー

 

デイサービスの管理者は、スタッフに技術指導などをする必要性があります。

ですので、介護の経験がないと務まら仕事になりますね。

 

まさじろ
まさじろ

介護経験のない管理者も居ますが、スタッフの質問に答えられないので、介護技術などを相談されると経験がない分、苦労するみたいですよ。

 

デイサービスの管理者の一日の仕事の流れ

デイサービスの管理者の一日の仕事の流れは以下になります。

  • 朝礼
  • 送迎
  • 介護業務
  • サービス担当者会議の出席
  • 通所介護計画書の作成
  • 送迎
  • 終礼
  • 次の日の書類の準備
  • 実績入力

 

一日の仕事の流れを具体的に見ていきましょう!

 

朝礼

その日の利用人数や業務の伝達をします。その後、スタッフが足らないときは、送迎を手伝うこともあります。

 

介護業務

管理者といえど、現場の業務をしていることも少なくありません。必要であれば「入浴介助」なども手伝います。

 

サービス担当者会議の出席

管理者は生活相談員を兼務していることが多いので、兼務者はサービス担当者会議の出席します。

 

通所介護計画書の作成

ケアマネジャーさんからケアプランをもらい、マスタープランに基づいたデイサービスでの計画を立てます。

 

終礼

各職種から利用者さんの情報を報告してもらいます。

 

次の日の書類の準備

次の日に使うバイタル表や食事伝票、連絡帳、送迎表などの準備をします。

 

その他の仕事

デイサービスの管理者のその他の仕事は以下になります。

  • 職員の勤務表作成と勤務実績の確認
  • 人員配置基準に気をつけた勤務表を作成し、実際に勤務した実績を把握する。
  • 月末の請求業務
  • 事務員さんがいない場合は介護保険請求も行います。
  • 職員採用・人事評価
  • 人員の補充の面接や昇給月やボーナス月に人事評価をします。
  • 研修・デイ会議の開催
  • 介護知識を深めるための研修、デイサービスの業務やサービスの質を上げるために月1回会議を行います。
  • 物品購入
  • 足りなくなった物品や必要なものの購入をします。

 

よちる
よちる

利用者さん・スタッフなどの「人と積極的に関われる方」が、デイサービスの管理者に向いていると私は思いますよ!