【悲劇の皇子】有間皇子のお墓と神社を巡る!辞世の歌が心に響く

権力闘争が原因で、19歳という若さでこの世を去るしかなかった「有間皇子(ありまのみこ)」。

 

有間皇子にまつわる場所は、

  • 有間皇子神社
  • 有間皇子のお墓

があります。

 

神社は、「藤白神社(和歌山県海南市)」の一隅にありますね。お墓は、そこから歩いて3分ぐらいの場所にあります。

そんな有間皇子の「辞世の歌」に、心を打たれる現代人は多いんですよ!

 

まさじろ
まさじろ

この記事は、和歌山県出身で在住の私が紹介します!

 

有馬皇子とは?

有間皇子は、第36代天皇である「孝徳天皇の皇子」になります。

ですので、普通なら何不自由ない人生を送ることが可能でした。

 

しかし、孝徳天皇には「反対勢力」がいたんですよね。反対勢力のと政争の末、「孝徳天皇は崩御」されます。

有間皇子は政争に巻き込まれるのを避けて、療養と称して「牟婁の湯(白浜温泉)」に赴きます。

 

謀反の疑い

その後、色んな政治の駆け引きがあり、有馬皇子は「謀反の疑い」をかけられて絞首刑になります。

 

その場所が藤白坂、つまりは藤白神社の近くになるんですよね。

有馬皇子が絞首刑になった場所に、「有馬皇子のお墓」があります。

 

辞世の歌 in 万葉集

有間皇子には2つの辞世の歌があるんですが、どちらも「現代人の心に響く歌」なんです。

 

命があったなら

磐代の浜松が枝を引き結び真幸くあらばまた還り見む

【意味】松の枝を磐代の浜に結んだ。命があったなら、帰りもこの枝が見たい

 

葉っぱを食器に

家にあらば笥に盛る飯を草旅にしあれば椎の葉に盛る

【意味】家にいたら器によそうご飯も、旅では椎の葉を使わないといけない。

 

有間皇子のお墓

藤白神社から熊野古道を3分ほど歩くと、「有間皇子のお墓」があります。

 

歌碑

有間皇子のお墓の隣には歌碑もあります。

 

有間皇子のお墓の情報

  • 名称  :有間皇子のお墓
  • 住所  :和歌山県海南市藤白466
  • 入場料 :無料
  • 地図  :Googleマップで見る

 

藤白神社境内にある「有間皇子神社」

前述したように、藤白神社の境内の一隅に「有間皇子神社」があります。

 

神社の由緒

鳥居をくぐった後は、「有間皇子神社の由緒」を確認しましょう。

 

本殿

こちらが有間皇子神社の本殿になります。

 

藤白神社の情報

  • 名称  :藤白神社
  • 住所  :和歌山県海南市藤白466
  • 電話番号:073-482-1123
  • 入場料 :無料
  • 駐車場 :有り(無料)
  • 地図  :Googleマップで見る

 

ちなみに、藤白神社は「全国の鈴木さんのルーツ」としても有名な神社になります。詳しくは、樹齢千年の楠の木が神秘的な「藤白神社(海南市)」を巡るでcheckして下さいね!

 

まとめ

今回は、有間皇子のお墓と神社を巡りました。

時間に余裕のある方は、有間皇子を偲びながら熊野古道を散歩してみて下さいね!

コメント

カテゴリー